中学受験に挑む

中学受験に挑む

私立中学校へ行く為に中学受験に挑む家庭は、お子さんの将来を考えて我が子に試練を課せているのでしょう。

 

私立中学校では6年間を通して学習に取り組め大学受験へ挑めます。公立中学校は3年間勉強し高校受験を受け、更に高校3年間で大学受験に挑みます。中高一貫校ですと、独自のカリキュラムで大学受験まで学習出来ますので公立とは全く違う学習が可能となります。付属中学校に入学した場合は大学受験も受ける事無く進めるという利点もあります。
長期の学習の間に趣味を見つけたり、スポーツに勤しんだりと自分の進みたい道も次第に見付かってもくるでしょう。また、その間に一生を共に出来るような大切な友達も見付かるのではないでしょうか?

 

そう考えると出来る事なら中学受験に挑み少しでも楽な道を見付けてあげたいと思ってしまいます。
その反面、大変な事もたくさん出てくる事でしょう。
まずは家庭で学習出来る環境を作り、塾へも通わせる事にもなるでしょう。塾の送り迎えもあるかもしれません。
家庭内ではお子さんのサポートやケアを欠かせません。
そういった事も大事ではありますが、第一に大切なのはお子さんの意志です。
お子さんの意志を明確にさせてから進めて行きましょう。目標の無いままのスタートでは士気も高まりません。
目標を明確にした後、家族一丸となって挑むのです。